打ち上げ時は風船を伸ばして使用

0

宇宙撮影をするときに使用する風船はとても巨大です。

中にヘリウムを入れるだけでもかなり大変。

上手く入れないと寄れて風船が壊れてしまいます。

入れ方にもコツがあって、初めにデコボコのない滑らかな面に風船を広げておきます。

それからゴム風船にガスを充てんすると割れずにきれいに膨らませることができます。

とはいえ、あまりに大きい風船なので、そんなに簡単でもなかったりします。

ちなみに写真は初めて宇宙撮影に成功した時の準備風景です。

 

もし気球の打ち上げをしたいという場合には、ネットで大概のものがそろいます。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply