一目で分かる! なぜ日本国内で風船宇宙撮影が難しいかの比較画像

0

風船での宇宙撮影をやっていると、海外、とりわけヨーロッパやアメリカは恵まれてるなーと思います。

先日の記事でなぜ日本での打上が難しいかについて解説しました。

「日本で個人が風船で宇宙を撮ることがどうして難しいのか 大きな5つの理由と4つの解決方法」

今回は、より分かりやすく、一目で納得できるよう、3枚の地図を用意しました。

驚くべきことに、3枚とも同縮尺です。

1枚目はグレートブリテン島

緑の部分は全部平地、しかも開墾された農地です。

2枚目はアメリカの内陸部

これ、全部農地ですから驚きです。

3枚目、北海道

濃い緑は山と森林です。

日本で農地が広くて、日本で一番恵まれている北海道ですら、海外に比べると平地がほとんどありません。

平地で開墾されている場所に降りてこないと回収は不可能です。

 

この3枚の写真をみれば、海外では適当にやっても成功するのが何故か、一目でわかります。

日本でやるには、正確な飛行経路と、より緻密な落下予測と、高い安全性を持たせなくてはいけないんです。

「いいなー、海外」と思う反面、「不利でも日本でやってやる!」という思いもあります。

 

ちなみに以下の画像は同縮尺の東北北部。

薄黄緑のところだけが落下させて回収できる場所です。

北海道よりさらに少ない…

都市の割合だって北海道より多いですから、さらに難易度が上がります。

いつか東北でもやりたいと思っています。

 

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply