【写真】すべてはここから! 第一回目の宇宙への挑戦

2

去年2011年10月に初めて気球を飛ばした時の写真を公開します。

第一回は全く何もわからない状態でした。

設計図もない、材料も分からない、強度も分からない、どんな装置を作ればいいかも分からない。

分からないだらけからの出発。

あったのは、気球を打ち上げて宇宙を撮影したい!という一念だけ。

とりあえず制作した第一号の気球

制作費は5000円くらいだったと思います。

 

実験のためなので、回収できないと何もわからないままです。

なくさないように糸を付けて飛ばしました。

 

1000mの釣り糸が手作りのリールに巻かれています。

リールは段ボールと、掃除用コロコロ製。

IMG_1846

 

母校(当時は学生でした)の裏庭にて風船を放球。

IMG_1851

 

日付がくるっているのは気にしないでください。

カメラの設定ミスです。

 

数十メートル上がって自分が写った時。

2012y07m22d_134107535

 

徐々に上昇。写っているのが農地なので高さがいまいちわからない…

2012y07m22d_134139518

 

さらに上昇。思いのほかグングン上がります。

2012y07m22d_134222902

 

カメラは地面の方向についていたので終始地上の様子が写ります。

2012y07m22d_134210171

道路の方まで流され…

電線があって危ないので、ストップして巻き取り。

 

実験終了です。

 

第一回に撮影したものなので、大したものは撮影できませんでした。

しかし、私にとっては初めての自分の手で撮影した航空写真。

全ての足掛かり。

小さな一歩ですが、宇宙への第一歩でした。

 

ムービーもありますので公開しておきます。

注意:画面揺れます。激しく酔います。

◆1回目

◆2回目

 

たくさん写真があるので、少しずつですが公開していく予定です。

またサイトに来て頂けたら嬉しいです。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

2件のコメント

    • 岩谷圭介

      1号機はひもがついていたので、回収は手でひもを引き寄せればよいものでした。

Leave A Reply