機体紹介 13・14号機

0

13・14号機はSTVのテレビ企画『1×8いこうよ!」の『1×8宇宙開発局』の最終ミッションのため作成されました。

12・13・14号機は同型機です。

12号機は安全性の確認のため開傘実験(パラシュート実験)に使用しました。

13号機は予備、14号機は実際に飛行し、1×8の二人を宇宙へ連れて行きました。

過去最大の機体です。

後にも先にもこれ以上の機体を作ることはないでしょう。

大型のパラシュートを装備し、落下速度が15km程度になるよう調整しました。

内部には機材がみっしり。

パズルのように組み込めるよう設計しました。

実際に打ち上げたのは14号機のみ。

14号機は上空20000mまで達し、無事宇宙撮影を果たし帰還しました。

現在はSTVテレビ局の制作部の片隅に眠っています。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply