機体紹介 15・16号機

0

15・16号機は現在の機体制作のベースになった、最も重要な機体です。

2012年10月に打上ました。

16号機は上空30800mまで達し、宇宙を撮影し、無事帰還。

現在は私の宝物として押入れに大切にしまってあります。

15号機は残念ながら、ロスト。

今もどこかで誰かの発見を待っています。

16号機の回収で、風船がどのように割れるのかを知ることができました。

この写真は回収後の機体を撮影したものです。

減速装置(青い部分)が羽となり、ふわりふわりと落ちてきました。

なので、機体に対する傷はほとんど見受けられませんでした。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply