SDカードは消耗品っぽい?

0

風船宇宙撮影に度々使用しているGopro。

Gopro推奨カードは、サンディスクのClass 10以上のmicro SDカードです。

Goproで高画質で録画したいのなら、限界の64GBを使用しなくてはなりません。

 

SDカードが壊れる・・・

Class 10のmicro SDの64GBはかなり高額で1枚15,000円くらいしますので、大事に使いたくなります。

しかしながら、何度も使っていて気付き始めたのですが、どうも、micro SDカードは長持ちしないようです。

別にサンディスクの製品が悪い訳ではありません。

他の用途で使用している同じカードは問題なく使用できます。

しかし、Goproと一緒に使うと、どうしても壊れてしまうようです。

私の使用の仕方がハードなせいかも知れません。

2.7Kの高画質で録画させ続け、高速で書き込みを繰り返しているうちにどこかが壊れてしまうのか、それともGoproの発熱が問題なのか、それとも宇宙環境が酷なのか。最後の原因が一番のような気もしますが、不明です。

想定されていない用途で使用している以上、保証してほしいとも言えませんし、壊れてしまっても仕方がないことではあるのですが・・・

謎が多いですが、兎も角私の用途上は消耗品として扱うほかありません。

15,000円もするのに消耗品・・・ 財布に痛いです。

SDカードの進歩は速いですし、値下がりも早い。来年にはきっと半額近くになっていることでしょう。

というわけで消耗品でいいとしましょう。

2014y06m25d_170405255

宇宙は仕方ないにしても、アクションスポーツでGoproを使用している方々はどうなのでしょうか。ちゃんと長持ちしているんでしょうか。知りたいところです。

 

ちなみに写真の右側が改造Gopro。宇宙でもうごきます。

左が売っているGoproです。

Goproはコンパクトにまとまったとても優れたカメラではあるのですが、Goproでできる事以上の事を目指したくなってきていますので、さらに進んだカメラを搭載していきたいと思います。

カメラについて、次回少し記事にしてみようと思います。

 

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply