映像データのバックアップ体制

0

風船宇宙撮影をしていると、映像データがガンガン貯まっていきます。

きょうまで48号機まで打上し、打上の度に毎回50GB程度のデータが得られます。

そんなわけで、現在1TBほどの風船撮影映像が貯まっています。

この映像を編集したもののデータや、制作物のデータもたまる一方なので、風船宇宙撮影関連のデータは3TBにものぼります。

大容量のデータですが、すべて大切な記録です。

どうあっても保存されなくてはなりません。

 

これだけのデータ容量のバックアップ体制は大変です。

このサイズになると、ハードディスク以外の保存方法はありません。

ただ、ハードディスクは壊れやすく、使用頻度が高ければ高いほど劣化が激しいです。

あまり信用できません。

なので、複数のハードディスクで同じバックアップを取ることで、データを守っています。

映像データのみを抑えたバックアップハードディスクが4枚、全体を抑えたバックアップハードディスクが3枚です。

全てのハードディスクが1箇所に保管されていると、盗難や火災で根こそぎダメになる可能性もありますので、映像データは3か所で保管することでデータの確保を確実なものにしています。

ハードディスクは国産の、最も故障率の低いメーカー製品を使用しています。

これだけやっていれば、一応安心なはずです。

 

映像データが大容量化しつつある現在、もっと簡単な方法で保存できると良いのですが、まだまだハードの方が追い付いていないんですね。

ともあれ、このように安全に風船宇宙撮影のアーカイブデータはどんどん貯まっていきます。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply