スペースバルーンを「やってみたい!」を応援します!

10

なぜ情報公開しているの?

宇宙とは個人では到底不可能に思える対象です。その不可能の象徴である宇宙を自分自信の力で触れることが出来るということを体験して欲しいのです。宇宙が成功できれば、どんな事柄でも挑戦できる! なんでも挑戦していこう!と思える仲間を増やしていきたいのです。
「やってみる。」から、はじめよう。
やってみる事で夢を実現する人々が増えていくことで、世界はもっと素晴らしい場所になると私は信じています。そのために、宇宙撮影の情報を提供しているのです。
このような精神のもと、宇宙撮影のHow To情報を公開しております。
インスタントラーメンのように、買ってきてお湯を入れればさあ出来上がり、という体験を提供するために公開しているのではありません。宇宙撮影を成功させるためには、何度も実験を行い、知識を蓄えていかなくてはいけません。
苦労して成功させるまでのステップを踏むことで、挑戦の一つのケースとして利用してほしく思っております。

 

宇宙撮影 How To 情報

宇宙撮影装置を制作するために、以下の記事をご参考ください。一読すればわかる記事、延長の知識が必要な記事、様々あります。
宇宙撮影は簡単なようで、難しいこともあります。
なぜなら、ステップを踏み固めながら先に進んでいくことが必要だからです。
これら記事を参考に開発を進めていくと、もしかすると、この方法以外のもっと良い方法を見いだせるかもしれません。あくまで目安としてご参考ください。
さあ、一緒にやってみるからはじめてみましょう!

 

やってみる!についてのお問い合わせ

このページに記載されているものが、ハウツーとして公開しているもののすべてです。
もし、これら記事に対する疑問やご質問などございましたら、以下のフォームか個別記事のコメント欄をご活用ください。
頂きましたお問い合わせは、必要な記事の追加や、コメントへのレスポンスとしてお答えいたします。
記事の内容によっては、すぐに反映されないこともあるかと思いますが、よろしくお願いします。

また、実施して成功したよ!というメッセージ、ぜひとも送って下さい。記事にして記載させていただきます!

お名前 (必須)

団体・企業名

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

10件のコメント

  1. 撮影したいです!!
    自分の持っているカメラがソニーのHDR-AS100Vなのですが、記事を参考に素人でも撮影可能でしょうか??

    • 岩谷圭介

      ARAITOMOAKIさま
      高校生も成功させているので、素人でもできます。
      学生さんは学校からお金が出ていますが、個人だと自分で負担しないといけないのが大変なところです。
      手法は来年4月中頃までに、一通りホームページで公開したいと思っていますので、今後もサイトに遊びに来てくださいね!

  2. Pingback: 風船カメラで宇宙撮影する男、岩谷圭介!

  3. 先日、ヘリウムガスを買いに行ったところ、「ゴム風船には使用できません」と書いてありました。
    ゴムではない風船でも打ち上げることができるのでしょうか?

    • 岩谷圭介

      saru2001さん
      はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
      ヘリウムは世界中おなじヘリウムです。
      なので、ゴム風船に使用できるヘリウムと、できないヘリウムというものはありません。
      科学の知識は、宇宙撮影だけに必要なものではなく、人の生命を守るために極めて重要です。
      使用方法を誤れば自らの命や家族、地域住民の命を脅かします。
      正しい知識を持ったうえで、十分な検証を行い、裏どりをして実験してくださいね。

  4. 大阪在住の20代の者です。

    2016年7月に風船打ち上げを計画しています。
    打ち上げについていくつか質問させていただければと思います。
    よろしくお願いします。

    (1)動画撮影の場合は、打ち上げ時に録画ボタンを押してバッテリーが続く限り撮影し続ければいいんですよね?

    (2)良質な映像を撮る為に、上昇中の振動を減らしたいのですが。。例えば打ち上げ機の制作段階でどのような点に留意すれば揺れを減らせるのでしょうか?

    (3)回収時に使用するGPS機器についてですが、私の理解不足故に具体的にどのような機器を用意すればよいか分かりません。これはいわゆる打ち上げ機に取り付ける電波発信装置と、その位置を地図あるいは経度・緯度式で表示できる装置の2点を購入する必要ということなのでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、お返事お待ちしております。

    • 岩谷圭介

      Kamui Koyamaさま
      はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
      打ち上げには安全性などとても大切なことがありますので、いきなり打ち上げをせずに、実験を通して検証したうえで、法律と安全を重視して実施して頂けたらと思っております。
      無茶な打ち上げは地域の人々の生命を脅かすだけでなく、自身やご家族の人生を破滅に導きますので、検証に次ぐ検証のうえ実施することをお勧めいたします。
      頂いたご質問にご回答いたします。

      >(1)動画撮影の場合は、打ち上げ時に録画ボタンを押してバッテリーが続く限り撮影し続ければいいんですよね?
      正解はこの手法!というものはありませんので、いろいろお試しになった上で、一番良いと思う手法を使用されるのが良いと考えます。

      >(2)良質な映像を撮る為に、上昇中の振動を減らしたいのですが。。例えば打ち上げ機の制作段階でどのような点に留意すれば揺れを減らせるのでしょうか?
      揺れを小さくするための仕組みは色々ありますが、やってみると載せない理由も色々出てきます。
      そのあたりは実験を通して、必要なことを取捨選択していただきたいと思っています。
      実施する方によって、何を重視するかによって、皆違った形になるはずです。

      >(3)回収時に使用するGPS機器についてですが、私の理解不足故に具体的にどのような機器を用意すればよいか分かりません。これはいわゆる打ち上げ機に取り付ける電波発信装置と、その位置を地図あるいは経度・緯度式で表示できる装置の2点を購入する必要ということなのでしょうか?
      その2点があれば回収できそうですね。
      どの機器が適切かどうかは、実験して試してみてください。
      チョイスした装置が適切かもしれませんし、風船に取り付けることに難があるかもしれません。
      電波発信する装置は、合法の装置であっても、使用方法によっては違法になります。
      電波法の取り締まりはとても厳しく、そして罰も重いですから、慎重に実施してくださいね。

  5.  香川県に住んでいる中学1年生です。本を読ませていただきました。夏休みの自由研究でやってみたいです。宇宙まではいかなくても航空写真は撮りたいです。中学生でも法律をクリアできますか?香川で飛ばせる場所はありますか?中学生で飛ばした人はいますか?教えてください。お願いします。

    • 岩谷圭介

      huusennさま、コメントいただきありがとうございます。
      著書を読んでいただきありがとうございます!
      私が最初に実施した時は、凧揚げのような形で、風船揚げをやりました。
      分からないことがたくさんあったので、まずは紐を手で掴んで飛んでいかないようにして、わかることを増やそうと実験しました。
      飛ばした実績は、日本国内で私の知る限りだと、高校生が一番若いです。でも、中学生でもできると思います。
      順番を追って行けば、最初は難しいことも少しずつできるようになっていけます。頑張ってください!
      報酬や実績を早く得ようとして焦ったり、大切なステップを飛ばしたり、無理をするとあまりいい結果になりませんので、慎重に頑張ってみてください。
      ほとんどの法律は、年齢に関係はありませんから中学生でも実施できます。しかし、何かが起こった場合の賠償責任などは親が持つ年齢ですから、親御さんへの説明と理解は必須です。
      色々乗り越えなくてはならない課題もあるかと思いますが、頑張ってください。