宇宙パラシュートがJAXA宇宙教育センターの教材に採用されました

0

ふうせん宇宙撮影で使用している、宇宙パラシュート。これは上空から安全に降下するための装置です。誰もが手に入れることができる、一般的な材料を利用しています。

一般的な材料といえども、思い付きで使っているのではありません。極限環境で使用できるかどうかをテストして、それにクリアする材料を組み合わせて作り上げています。なので、なじみある材料でも宇宙開発に使えるんです。

IMG_4162

この宇宙パラシュート。これまで講演会で工作教室を行ってきました。

この講演会ではパラシュートづくりをするのですが、目的はパラシュートを作ることではありません。

その目的は、失敗すること、工夫することを体験してもらうことです。

P1060238

 

工作教室では、パラシュートの設計図が配布されます。

これ、文字なしで年齢に関係なく読むことができる利点があるのですが、同時に文字なしのために不親切になっています。

この不親切さが、工作教室の重要な部分です。

パラシュート設計図は、JAXA宇宙教育センターよりダウンロードできます↓

http://edu.jaxa.jp/materialDB/detail/79201

http://edu.jaxa.jp/materialDB/downloadfile/79201.pdf

2016y01m14d_121734827

 

言語を使わない目的として、文字で追いかけることで見落としてしまうことに気付いて欲 しいという意図も含めています。

文字がないので、どうしてその作業をしなくてはいけな いのかを考えてもらうことができるのです。何を目的に作業するのか、その作業が何に繋 がるのかを考えてもらうためには、言語は不要だったのです。

そして、この設計図は、あえて要所要所で不親切な個所が含まれています。

そのため、設 計図通り作ろうとすると、なかなか作り上がらないのです。

考えたり工夫したり、失敗す ることを体験してもらうことを目的としているのです。

 

パラシュートが作れることは、人生にとって、それほど大きな意味はありません。

しかし、工夫して考える力、そして失敗を恐れずに挑戦できる精神は、人生にとって大きな可能性を与えてくれます。

そんな材料として、パラシュート設計図を利用いただけたらとてもうれしいです。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply