宇宙撮影大成功! 16号機

0

2012年10月08日に撮影。

前回あまりきれいに写真が撮れなかったので、改善して再挑戦!

新型の装置で再挑戦です!

前回9月28日の打ち上げより冬に近づいてきたので、長い距離流されてしまうのではないかと心配していましたが、無事回収。

落下地点が山の中だったので回収は無理かと思っていましたが、幸運にも山道の途中にあった小さな芝生に落ちていました。

安全に関しては機体重量を300gにして前回より高めています。

安全に関して詳しくまとめたページがありますので、そちらもご覧ください。

 

全ての写真はクリックで拡大されます

羊蹄山のふもとから

羊蹄山のふもとから打ち上げ。
とても天気が良かったので10000mの高さになっても気球を目で追うことができました。

上空から火口が見える

大分上昇して羊蹄山の火口を見下ろす写真を撮れました。

だんだん宇宙が近づいてきた

さらに上昇。奥に見えるのは太平洋です。

地球は丸い

なんとなく宇宙っぽく…

宇宙から羊蹄山や支笏湖を撮影

ここまで上がればほとんど宇宙!
北海道の西半分の形が十分わかります。

地球の丸さと宇宙の黒さ

地球が丸いです。当たり前のことですが感動です!

宇宙まで気球が上がった

さらに上昇。津軽海峡や青森県の一部も見えてきました。

気球破裂の瞬間

風船の炸裂。このシーンが撮れたのは本当に幸運でした。
この時の風船の大きさは打ち上げ時の100倍です。

気球回収!

回収して農地周辺まで下りてきたときの記念撮影。
手に持っているのがカメラなどの撮影装置です。
宇宙旅行お疲れ様でした!と装置に言ってあげたい気分でした。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply