スペースバルーンコンテスト

我々岩谷技研は、たくさんの若者の「やってみたい!」を支えてきました。

より多くの、「やってみたい!」の気持ちに応えたい。そこで、「宮古スペースバルーンコンテスト」を開催いたします!

2019年大会の申込は終了致しました。たくさんのご応募をありがとうございました!

2020年大会も実施できるよう進めておりますので、今回逃してしまった方も、また来年ご参加ください。

1.スペースバルーンコンテストとは

スペースバルーンを上空へ打上げ、小さな宇宙開発を体験できるコンテストです。宇宙と地球を撮影することや、その工夫や技術を競い合います。 『当社スペースバルーンキット』を用いて、設計、制作から始まり、打上げから追跡までを実施します。(海上回収は当社で実施します。)

コンテストでは、大会ルールに基づき、宇宙に打ち上げたい被写体の選定、ペイロードへの被写体やカメラの取り付けなどの機体作成、バルーンの設置と放球、バルーンの追跡を主な作業とします。

さらに参加にあたっては、主な作業に関わる技術事項を学んでいただく他、宇宙環境や安全運営、法の順守といった打ち上げに必要な知識について勉強していただきます。

そして、打上げに関わる総合作業と撮影された映像を競い、評価します。

2.実施概要

2019/4/30 ~ 5/5

場所:沖縄県宮古島市

事前説明会、プレゼン、打上げ、表彰式を行います。

3.準備物

スペースバルーンに必要な、バルーン、パラシュート、ペイロード箱体はキットとして準備。

飛行予測や追跡装置も提供します!

参加者は、箱体の中に入れる機材を準備するだけです。

安全にスペースバルーンへの挑戦をしていただける環境をご用意いたします!

4.評価方法

コンテストは100点+ボーナス20点で採点して評価とします。

①アイディア、独創性、②入念な計画・準備力、③実行力・問題対応力、③考察する能力を重視した採点基準としています。

採点の詳細については募集要項をご確認下さい。

5.表彰

以下の賞を計画しています。

・最優秀賞グランプリ

・優秀賞

・審査員特別賞(独自性、独創性の評価)

・ベストチーム賞

・スポンサー企業賞

6.スケジュール

スペースバルーンの打上げは、地上の天候・上空の気流・海洋の波の3つの条件が全て整った時に可能となります。

そのため、4/30までに宮古島入りしていただき、5/5までの条件が整った日に大会を実施します。

気流不良でも天候が最高のこともありますから、期間中の空き時間は宮古島でのバカンスを満喫してください!

7.応募方法

参加資格

・中学生以上で4名以上10名以下のチームを構成すること

・未成年については、参加にあたりそれぞれの保護者の許諾を得ること

・学生チーム(学生のみで構成)については、教員または保護者の指導、引率を認める

・3月に行われる説明会(ウェブライブ配信)を必ず受講すること

・コンテスト期間中に宮古島への滞在が可能なこと

参加費用

・学生チーム   無料

・社会人を含むチーム   有料 80万円(税別)  ※期日までにお振込みにて受付けるものとします。

申込み方法

・「8.申込フォーム」よりエントリしてください。

・締切日 2019年2月28日(木) ※但し、応募者多数の場合には締切りを早める場合があります。

・3月1日に申込みを審査の上、参加決定のご案内を差し上げます。(メールを予定しています)

注意事項

・宮古島までの交通費、島内移動費、宿泊費、食費等は自己・チーム負担となります。

・大会参加には説明会全ての受講が必要です。(参加できなかった場合でもWEB配信にて後受講可能)

大会資料ダウンロード

https://fusenucyu.com/wp-content/uploads/2019/01/sbc190127.pdf