気球打ち上げのできる日・できない日

0

気球について質問を受けることがあります。

それでとりわけ多いのが、こんな時打ち上げできるの? こんな時はできないの?という内容。

気球は結構デリケートに見えるのですが、結構いい加減なやつです。

気球の打ち上げの出来る日・できない日をちょっとご説明します。

 

1.風の強い日

問題なく打ち上げできます。

準備がちょっと大変になるだけです。

 

2.雨の日

問題なく打ち上げできます。

装置も防水仕様なので濡れても大丈夫。

雲より遥かに高い高さまで上がるので、完全に雲に覆われた天気でも何の問題もありません。

 

3.雷の日

By: osaMu

雷に打たれないように注意すれば打ち上げ可能。

打ち上げた気球が雷に打たれることはありません。

とは言え、危ないし、雨も降っているし、風も強いし、寒いし、と嫌なことだらけなので、あえて雷の日に打ち上げようとは思いません。

 

4.巻雲の出ている日

筋雲とか言いますよね。

空にかかる、氷の雲です。

これが出ている日は、見送りです。

天気が良くて、風がなくてもダメです。

こういう日は上空の風が強すぎて、気球が回収できない可能性がかなり高いです。

都合上どうしても上げなくてはならない場合には、複数の気球を打ち上げで、そのうちの一つでも回収できるように可能性を高めて打ち上げます。

 

風の日・雨の日・雷の日が大丈夫なのに、巻雲が出ているだけでダメというのはちょっと意外ですよね。

気球を打ち上げていると空を眺めることが多くなりました。

みなさんも空を眺めてみて下さい。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply