ふうせん宇宙旅行プロジェクト

(株)岩谷技研では巨大なバルーンで生物を宇宙の入り口まで送り、無事帰還させるミッションを行うため、開発を進めています。

有人高層成層圏旅行です。

人間が宇宙の入り口を旅できる、ふうせん宇宙船を開発するための最初の第一歩の実験、生物実験を2018年に行おうとしています。

2018年 生物実験プロジェクト

生物実験では国際宇宙ステーションへも送られた、丈夫なメダカを採用予定です。

気密性・安定性・酸素・放射線等の計測を行い、有人宇宙船のための第一歩とします。

日時:2018年5~6月
目的:生物を安全に打上げ、環境情報を得る
場所:沖縄県宮古島市
予算:2500万円

プロジェクトの進捗

これまでの開発で、様々な技術蓄積があります。

有人化までに不足している技術もありますが、基礎的なものは共通しているため、その発展形を開発することになります。

ふうせん宇宙旅行は夢物語ではなく、必要重量を飛行させるバルーン、そしてパラシュートは既にあるため、運用と制御が可能になれば現実のものとできるでしょう。

プロジェクトの進捗は随時、当ホームページで更新していきます。

 お問い合わせ

応援していただける方・企業・団体 大歓迎です!

詳細資料をご所望の方はお送りいたしますので、ご連絡ください。その他お問い合わやご質問もお気軽にどうぞ!

連絡先:株式会社岩谷技研
担当:狩野(かりの)
メール:karino@iwaya.biz
電話:080-3295-9989

コンタクト

 出版活動

うちゅうはきみのすぐそばに

この絵本について Amazonで詳しくみる

宇宙を撮りたい、風船で。

この本について Amazonで詳しくみる

 連載

科学で毎日を楽しくしませんか?

身の回りの不思議を科学で分かりやすく解説。

手を伸ばせば届く宇宙の話

宇宙、そこは色々非常識。

民報サロン

宇宙について分かりやすく解説。宇宙閑話。

 

 講演活動

小さな宇宙開発から教えられた、やってみることの大切さを題材にした講演活動を実施しています。お気軽にご依頼ご相談ください。ご依頼はこちらから。

講話とワークショップがあります。過去には以下のような方々からご依頼をお受けしております。

・小学校 中学校 高校 高専 大学
・科学館・プラネタリウム
・会社・社員研修・青年会議所・経済会など
・学習塾等の勉強会

 宇宙撮影・宇宙実験のご依頼

風船を使った宇宙撮影や宇宙実験をご希望の方は、こちらへどうぞ。スペースバルーン企画の実施回数・成功回数は国内随一かつ世界有数です。

様々な企画や実験を実施しております。ふうせん宇宙撮影のバルーンでテストした機材が宇宙ステーションでも利用され、宇宙開発にも貢献しています。

 素材の提供

宇宙撮影で得られた写真や映像をコンテンツとして提供しています。個人利用と商用利用とで取り扱いが異なります。

個人利用に関して

個人利用や教育活動(金銭を伴わないもの)では無償にてご利用できます。当ホームページ内の素材をご利用ください。二次加工等も可です。クレジットはなくて結構ですが、つけてもらえると嬉しいです。当ホームページに貯蔵している宇宙画廊の写真館からも閲覧できます。→宇宙画廊へ

商用利用に関して

ご利用にあたり商用目的であるもの(教育であっても金銭のやり取りが発生するもの)に関してはストックフォトサイト「アマナイメージズ」からご利用ください。

クリエイターズファイルにも登録していただきました! → くわしくはこちら

 岩谷圭介について

2011年北海道大学工学部在学中より、バルーンを使った宇宙開発の方法、『ふうせん宇宙撮影』をゼロから開発する。活動は新聞、雑誌、テレビ、多数メディアに紹介されている。ACジャパンCM、情熱大陸、クレイジージャーニーなど出演。現在はより大型の機体を開発し、バルーンを使った宇宙開発を発展させる努力をしている。開発の中で体験した、失敗しても挑戦を続けることの大切さを広げていくために活動もしている。

福島県郡山市出身。ふうせん宇宙撮影家であり、エンジニア、科学者、作家、絵本作家、発明家である。

・メディア出演歴
・自己紹介

 お問い合わせ

 お問い合わせはお電話でもWEBからでも可能です。

株式会社岩谷技研
・担当:狩野(かりの)
・mobile : 080-3295-9989

WEBからのお問い合わせの際には以下のフォームをご利用ください。時折サーバーにて自動で迷惑メールと判断され受信できない場合がございます。1週間経ちましてもご返信がない場合にはお手数をおかけしますが電話かファックスにてご連絡ください。

お名前 (必須)

団体・企業名(任意)

電話番号(任意)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文