賠償責任保険に加入して風船打上をしています

0

『風船の打上が安全ですよ』と当ブログの様々な記事に書いています。確かに物理的に人に当たっても怪我をさせる物ではありませんし、物に当たっても何かを破壊するような代物ではありませんので安全です。

しかしながら、いかに安全な物であったとしても事故の可能性は捨てきれません。

 

車を運転中に進路上に突然落下してくる機体が落ちてきて、運転手がハンドルを切り事故が発生してしまう可能性もあります。その事故の責任は司法で争われるものだとしても、一部賠償責任は取らされることでしょう。

JRの線路上に落としてしまい、一時運休が発生してしまうことで多額の賠償金を請求されるかもしれません。中央線だと一度止めると数千万円の賠償金を請求されるそうです。

電線に引っかかり、電力会社のお世話になるかもしれません。撤去費用だけで済めばいいですが1つの都市を停電にしてしまうかもしれません。その場合莫大な賠償金を請求されます。

もしかすると工場に落下して1日操業を止めてしまうかもしれません。1日分の損害を賠償させられるでしょう。1日止めれば数千万の請求をされるのは珍しくありません。

 

これらの事故の発生確率はどれも極めて低いものです。

事故の発生確率は私独自の飛行経路設定により大きく下げることが可能で、道路や線路も落下の際に避けるよう飛行するので、深刻に心配することではないのですが、しかしながら、事故が万が一起こった場合責任を取れないということはあってはならないのです。事故と事故の可能性に対する社会的責任を十分に果たすためには、もし起こった場合にその責任を果たす必要があるのです。

事故が起こったとして、数千万円の賠償金を請求され、それを払えませんからごめんなさいでは済まされません。

私一人の根拠で安全ですから、大丈夫ですよ、と言うだけではあまりにも無責任なのです。

 

私の風船宇宙撮影の打上や実験の際には賠償責任保険に加入しています。風船を使った宇宙撮影のための保険というものは世に存在しないので、保険屋さんにお願いして専用に作ってもらいました。専用の物なので、それほど安い保険ではありません。

しかし、賠償責任保険とは、私の実験や打上で人の財産を損なったり、人を傷付けてしまった場合、その責任を果たす保険です。高くたって加入しなくてはいけません。

保険の内容は、

物や土地、乗り物に対して最大1億円

人に対して最大5億円

これに加えて訴訟費用や事故の対応費用も全て含みます。

合計6億円の支払いをすることが可能な強力な保険です。6億も必要か? と思うかもしれませんが、上の例を考えると十分な金額を設定するためにはこのくらいの額を設けなくてはなりません。普段打上しているより大きな機体を打上げする際にはさらに大きな金額を保険で掛け、最大100億円以上の損害をカバーすることが可能です。

 

テレビ局等から依頼を受け、万が一事故が発生した場合、その事故で発生した損害額が大きければ大きいほど、その所在を巡って揉めることでしょう。そういったことになった場合、依頼側も私自身も大変です。お互いの幸せのため、私の打上・実験では必ず保険に加入しますので、万が一の賠償は保険でカバーされています。

 

もちろん、保険に加入しているから安全なんて無視して打上をしてもよい、という理屈はありえません。

最大限の安全を確保した上で、それでも事故が起こってしまった場合、最低限の社会的な責任を果たすための保険です。

皆さんも風船を使った宇宙撮影を行う場合には、必ず保険に加入して行いましょう。

Share.

About Author

岩谷圭介

私は日本人で初めて、独力で宇宙開発を成功させました。私の行っている風船宇宙撮影を通して、より多くの人に、宇宙をもっと身近に、そして夢はすぐそこに広がっていることを実感してもらいたいと思っています。

Leave A Reply